水彩でカンを描く!

水彩でかくカンの描き方を紹介します。
水彩画 カン 描き方

こんにちは。

アートふじみの木村です。

今日は水彩で描いた

カンを紹介します。

円柱と立方体のカンです。

水彩でカンを描く際

皆さんの参考になれば幸いです。

まずは下絵です。

柔らかめの鉛筆を使って描きます。

円柱と立方体の形を

意識しながら描きます。

モチーフ全体に水を塗り

色を入れていきます。

最初は薄く薄く描きます。

影にも同じ色を入れました。

立方体のカンの濃い色

を入れます。

光っている部分と

濃くなっている部分を

よく観察しながら

筆跡が目立たないように

滑らかに塗りました。

 

立方体のカンに文字を入れ

今度は円柱状のカンにも

濃い色を入れていきます。

こちらでは円柱独特の

光り方を意識します。

円柱状のカンの

蓋部分の文字と

ハイライトの部分には

マスキング液を塗り

蓋に色をつけます。

円柱状のカンにも

文字を入れます。

影になっている部分に

濃い色を入れて完成です。

いろいろな描き方が

あるかと思います。

いろいろ試して

自分のやりやすい

やり方を見つけましょう。

 

色の使い方や

筆使いなど

詳しい解説・質問

などありましたら

教室で声をかけてください。

 

あなたの描きたい絵を

見つけるお手伝いを致します!